あなたが不倫の容疑をかけられ、探偵の調査対象となったときに、逃げきる方法

探偵の監視から逃れる方法

あなたは探偵に追われている

あなたは不倫をしている。明確な不貞行為だ。
そして探偵の調査対象となっている事実も知ってしまった。
しかし、あなたは愛人との関係を止めることはしたくない。
どうしたら良いだろう?

結論・回答

不倫をいますぐやめましょう。

一時的にも不倫をやめてください。
または、不倫相手との密会をしないと決意してください。

攻撃側が有利・守る側が不利

基本的には調査をされる側が不利です。
攻撃側―探偵―に狙われたらおとなしくするしかありません。

なぜならば、攻撃側はいつ仕掛けるのか自由に決められるからです。

主導権は相手にあります。

逆に防御側は決められません。
備えることしかできないのです。

いつ、どこで、どのような方法で攻撃されるのかを
ビクビク怯えながら。もう不安でたまりません。
とても辛い状況です。

抽象的な説明となりますが以下の画像をご覧ください。

探偵による調査は防ぎにくい

あなたは辺A・B・C・Dのうちどれか一辺を守ることができます。
辺A・辺Bを同時に守れはしないのです。

しかし、あなたは辺A・B・C・Dどこを
攻撃者から攻撃されるのかを把握できません。

攻撃を仕掛けられてからようやく守る体制となるので大抵は手遅れです。

予測がつかない。

そして予測がついても対処のしようがない場面が多すぎるためです。

さらに申しますと、あなたは個人。相手は組織です。

組織力・動員力を活かして 辺A・B・C・Dを一斉同時攻撃するのも
無理ではありません。

以下の図は、あたな自身が調査対象と認識していない。

さらに調査側の資金力が豊富なときの、
あなたの周囲をあらわしています。
※あくまで抽象的にお考えください。

資金豊富な依頼者が探偵に依頼したとき

あなたの調査を依頼する人物(依頼者)が、
資金を豊富にもっていれば、調査員を多く雇えます。

さらに調査期間も長くできるでしょう。

ですが、いつか資金切れがきます。

だからこそ、あなたがもし、明確に探偵を付けられていると
把握したときには不貞行為をすぐにやめるべきなんです。

ですが、急に不倫相手との接触を断つと、
あなたが「調査対象となっているのを把握している」と
思われる可能性があります。

方針としては不倫相手と接触はするが決定的な証拠は渡さない。

ともに食事はするがホテル街も連れ添って歩かないし、
車内で二人きりにならない。手もつながない。

徐々に接触回数を減らすのが理想です。

以上の行為ができない不器用な方もおられるでしょう。

そうなったらもう不倫の証拠を消去し、
不倫相手とも接触せず我慢しましょう。

なお、「対象がこちらの監視に気づいた」と、
気取られるような行為はしないように注意してください。

いつもとは違う帰路を使うのも避けた方が無難です。

人はそれぞれルーティーンがあります。
不倫前の生活サイクルはあるはずなので、それに沿って
日常を送ってください。

表にでないだけで不倫調査から逃れた方はすくなくありません。

なお、調査されていると確信したあとに、急に接触してくる人物が
いたら注意してください。

むかしは「五つ穴のボタンに注意」なんて言われていました。
五つ穴のボタンは盗撮カメラを指しています。

中心にカメラレンズがついているんですね。

ここまで注意する必要はないと思いますけど、
参考にしてください。

お問い合わせ

当相談所では密告・不倫・浮気などに関するお悩みを24時間受け付けております。
以下のボタンをクリック(またはタップ)するとお問い合わせフォームに移動します。
お申込みは簡単です。
取り返しがつかなくなる前にご連絡ください。

今すぐ問い合わせる

Follow me!

この記事を書いた人

六条(ろくじょう)
六条(ろくじょう)
元アリバイ代行屋・元密告業者。約5年間にわたり不倫や浮気のアリバイ工作や、密告電話のシナリオ作成・密告手紙の文章作成を担当。某全国雑誌に掲載された業者の創業メンバーの1人。現在は密告に困っている方たちの相談を受けています。お悩みがございましたらご相談ください。